不動産について

不動産取引で仮登記をする場合はどんな場合か

土地の売買などをすれば、売却した人から購入した人に対して代金が支払われます。
一般のものであればそれだけですが、土地の場合は登記が必要になります。
この時に、購入した人に名義人が移っていないと、後で売却した人は別の購入する人を探すかもしれません。
当初の購入者より高く買うという人が現れれば、誰でもそうしたいでしょう。
通常は、売買契約が成立すればすぐに名義変更の登記を行います。
しかし、登記には必要な書類などがあり、それが準備できていないと登記ができません。
これが数日のことでも、そのすきをついて別の人に売却されるケースもあります。
そこで仮登記をしておきます。
仮登記は、後で本登記をするときの順位の保全をしてくれます。
売主が別の人と売買契約を結び、名義変更をしたとします。
でも、仮登記があるので、それを本登記すれば、そちらの方が先に行われたことになります。
ですから、別の人が行った名義変更が無効になり、先の契約者の権利が守られます。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.