不動産について

登記の内容を信じて取引をしたら問題が発生した

不動産取引をするとき、いろいろな情報を調べておくようにした方が良いとされます。
その一つが不動産登記になります。
これにより登記名義人などを知ることができます。
名義人になっている人から売却を持ちかけられれば、その人から購入することでその土地を手に入れることができそうです。
しかし、必ずしも登記がなされていないことがあります。
不動産登記の仕組みは世界においてもあります。
国によっては、登記の内容を一番重要とし、その内容を信じて取引をして問題が生じた時には登記の内容が優先されるようになっています。
しかし、日本ではそうなっていません。
登記の内容が優先されることを公信力と言います。
しかし、日本の不動産取引では公信力がありません。
つまり、登記の内容を信じて取引をして問題が発生しても、登記の内容が優先されないので、その通りの取引ができない場合があります。
別の人が所有者の場合があることを意味します。
登記だからといって、すべて信用できるわけではありません。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.